会頭挨拶

第36回日本美容皮膚科学会総会・学術大会
会頭 尾見 徳弥
クイーンズスクエアメディカルセンター

 この度、第36回日本美容皮膚科学会総会・学術大会を開催させていただくことになりました、会頭の尾見です。本学会は2018年8月4日、5日に東京国際フォーラムで予定しています。
 美容皮膚治療は大きな発展を示し、日本美容皮膚科学会の会員数も2000名を超え、学術大会の参加者も1000名を超えるなど医師の関心も高くなっています。社会的にも「プチ整形」として消費者にも広く受け入れられ、近年ではBotoxによる腋窩多汗症の治療が保険適応となるなど診療分野においての普及性も目覚ましいものがあります。
 一方で治療の普及に伴って、様々な健康被害も生じており(社)日本美容医療責任共済会へ患者トラブルとして報告される件数は、2010年21件から年々増加しており2015年53件と倍以上になっています。また、2011年、2015年の2回にわたって消費者委員会は厚労省ならびに消費者庁に対して美容医療の特に広告に関して建議を提出しており、2016年に美容医療は特定商取引法の対象となりました。
 これらの原因には、美容医療の手技や施術、装置における薬事法認可が少なく、学習の機会が少ないこと、セミナーなどでも企業主催のものが多く何らかのバイアスがかかっていることが挙げられます。
 第36回日本美容皮膚科学会総会・学術大会においては、連携する国際学会との共同シンポジウムを同時通訳付きで開催し、後日も学会インターネット上で視聴可能としたいと考えています。8月末現在で参加が決まっている主な海外講演者はIMCAS代表のDr. Asher、ヨーロッパ皮膚科学会のProfessor Badawi、ヨーロッパレーザー皮膚科学会元会長のProfessor Bjerringなどです。
 土曜日、日曜日の会期中を通して企画している共同シンポジウムではBotoxやFiller治療に必須の生体の神経・血管の走行について日本では行われていないCadaver(ご遺体)を用いたセミナーを予定しています。文書での知識だけでなく実際の走行を確認するうえでも大いに有益でしょう。また、施術の適応や禁忌についても海外の医師、日本の医師を交えたセミナーやシンポジウムを通して十分に議論を行います。
 この他、美容皮膚科施術に精通していない若手医師のために8月3日にプレセッションとして「美容皮膚科のいろはのい」としてレーザー・光線治療とケミカルピーリング・注入剤の二つのセミナーを予定しています。
 勉強だけではなく、懇親会は帝国ホテルの予定で、祇園甲部歌舞会の皆様と歌舞伎の片岡孝太郎さんに余興もお願いしています。暑い最中ですが、皆様のご参加をお待ちしています。

 


事 務 局:クイーンズスクエアメディカルセンター
      《事務局長》  朝山 祥子(日本医科大学皮膚科) 
      《実行委員長》 沼野香世子(クイーンズスクエアメディカルセンター)
       〒220-6208 横浜市西区みなとみらい2-3-5クイーンズタワーC 8F TEL:045-682-4112

運営事務局:株式会社コンベンションアカデミア
      〒113-0033 東京都文京区本郷3-35-3 本郷UCビル4階 
       TEL:03-5805-5261 FAX:03-3815-2028  E-mail : bihifu36@coac.co.jp

Copyright© The 36th Annual Meeting of the Japanese Society of Aesthetic Dermatology. All Rights Reserved.